ホーム > 出身地 > ドイツ

ドイツ生まれの歴史上の偉人・有名人達

現在13人の偉人が登録されています。  (全2ページ)
人気順に表示しています。

レオポルド・ファン・ランケ

西暦:1795年12月21日 ~ 西暦:1886年5月23日  
ドイツ    歴史家
レオポルド・ファン・ランケ

各々の時代は直接神に属する

レオポルト・フォン・ランケ(Leopold von Ranke, 1795年12月21日(20日説あり) - 1886年5月23日)は、19世紀ドイツの指導的歴史家。実証主義に基づき、史料批判による科学的な歴史学を確立した。ランケ以前の歴史研究者を「歴史家」、以降の歴史研究者を「歴史学者」と呼ぶよう...

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー

西暦:1759年11月10日 ~ 西暦:1805年5月9日  
ドイツ    詩人劇作家歴史家哲学者
ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー

人間は一人一人を見るとみんな利口で分別ありげだが、 集団をなせばたちまちバカが出てくる。

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(ドイツ語:Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代...

イマヌエル・カント

西暦:1724年4月22日 ~ 西暦:1804年2月12日  
ドイツ    哲学者思想家
イマヌエル・カント

始まりとは、それ以前に先行する時間においては、そこでなにものも始まることがなかった、そのような存在である

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの哲学者、思想家。プロイセン王国出身の大学教授である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」を...