ホーム > 出身地 > 日本

日本生まれの歴史上の偉人・有名人達

現在62人の偉人が登録されています。  (全7ページ)
人気順に表示しています。

徳川家康

西暦:1543年1月31日 ~ 西暦:1616年6月1日  
日本 (愛知県)    政治家軍人
徳川家康

平氏を亡ぼす者は平氏なり。 鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川家康)、または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名[1]。江戸幕府の初代征夷大将軍[1]。三英傑の一人で海道一の弓取りの異名を持つ。 家系は三河国の国人土豪・松平氏。永禄9年12月29日(1567年...

上杉謙信

西暦:1530年2月18日 ~ 西暦:1578年4月19日  
日本 (新潟県)    軍人
上杉謙信

死なんと戦えば生き 生きんと戦えば必ず死するものなり

上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、軍神と称される。 上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長尾 景虎(ながお かげとら)でもよく知られている。兄である晴景の養子...

伊達政宗

西暦:1567年8月3日 ~ 西暦:1636年6月27日  
日本 (山形県)    軍人
伊達政宗

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。 伊達氏第16代当主・伊達輝宗と正室最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の間に生まれた嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。...

上杉鷹山

西暦:1751年9月9日 ~ 西暦:1822年4月2日  
日本 (東京都)    政治家
上杉鷹山

為せば成る. 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

上杉 鷹山(うえすぎ ようざん) / 上杉 治憲(うえすぎ はるのり、1751年9月9日 - 1822年4月2日)は、江戸時代中期の大名で、出羽国米沢藩の第9代藩主。領地返上寸前の米沢藩再生のきっかけを作り、江戸時代屈指の名君として知られている。諱は初め勝興、後に治憲であるが、藩主隠居後の号である鷹...

高杉晋作

西暦:1839年9月27日 ~ 西暦:1867年5月17日  
日本 (山口県)    軍人
高杉晋作

おもしろき こともなき世を おもしろく

高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。...

毛利元就

西暦:1497年4月16日 ~ 西暦:1571年7月6日  
日本 (広島県)    政治家
毛利元就

この矢一本なれば、最も折りやすし。しかれども一つに束ぬれば、折り難し。汝ら、これに鑑みて、一和同心すべし。必ずそむくなかれ。

毛利 元就(もうり・もり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸(現在の広島県西部)の国人領主・戦国大名。本姓は大江氏。家系は大江広元の四男 毛利季光を祖とする毛利氏の血筋。寒河江氏などは一門にあたる。家紋は一文字三星紋。 安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした...

井伊直弼

西暦:1815年11月29日 ~ 西暦:1860年3月24日  
日本 (滋賀県)    政治家
井伊直弼

一期一会

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末の譜代大名。近江彦根藩の第15代藩主(16代藩主、13代当主という数え方もある[1])。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された...

聖徳太子

西暦:574年2月7日 ~ 西暦:622年4月8日  
日本 (奈良県)    政治家
聖徳太子

和を以て貴しとなす(以和爲貴)

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代の皇族、政治家。厩戸皇子または厩戸王の後世の呼称。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張の...

明智光秀

西暦:1528年 ~ 西暦:1582年7月2日  
日本 (岐阜県)    政治家軍人
明智光秀

仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。これをみれば、土地百姓は可愛いことなり。

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、本能寺の変を起こし信長を暗殺。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れ、落ちていく途中、一説では小栗栖で落ち武者狩りの百姓から致命傷を受け、自害した。これ...

大久保利通

西暦:1830年9月26日 ~ 西暦:1878年5月14日  
日本 (鹿児島県)    政治家軍人
大久保利通

今日のままにして瓦解せんよりは、むしろ大英断に出て、瓦解いたしたらんにしかず

大久保 利通(おおくぼ としみち、文政13年8月10日(1830年9月26日) - 明治11年(1878年)5月14日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。 明治維新の元勲であり、西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。また維新の十傑の1人でもある。...