ホーム > 出身地 > 日本

日本生まれの歴史上の偉人・有名人達

現在62人の偉人が登録されています。  (全7ページ)
人気順に表示しています。

真田幸村

西暦:1570年3月8日 ~ 西暦:1615年6月3日  
日本 (長野県)    軍人
真田幸村

いざとなれば損得を度外視できるその性根、世のなかに、それを持つ人間ほど怖い相手はない

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。真田昌幸の次男。「真田幸村(さなだ ゆきむら)」の名で広く知られている。 江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込んだ。 後世に江戸幕府・諸大名...

犬養毅

西暦:1855年6月4日 ~ 西暦:1932年5月15日  
日本 (岡山県)    政治家
犬養毅

話せばわかる。

犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。 中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(...

北条早雲

西暦:1432年 ~ 西暦:1519年9月8日  
日本 (岡山県)    政治家軍人
北条早雲

どこまでも自己というもを念頭に置いてはならぬ。

北条 早雲(ほうじょう そううん)は、室町時代中後期(戦国時代初期)の武将で、戦国大名となった後北条氏の祖である。伊勢 宗瑞(いせ そうずい)とも呼ばれる。北条早雲は戦国大名の嚆矢であり、早雲の活動は東国の戦国時代の端緒として歴史的意義がある。...

岩崎弥太郎

西暦:1835年1月9日 ~ 西暦:1885年2月7日  
日本 (高知県)    実業家
岩崎弥太郎

小事にあくせくするものは大事ならず。ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。決して投機的な事業を企てるなかれ。国家的観念を持って全ての事業に当たれ。

岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。 土佐国(現在の高知県安芸市)の地下浪人・岩崎弥次郎と美和の長男として生まれ...

平清盛

西暦:1118年 ~ 西暦:1181年3月20日  
日本 (三重県)    軍人
平清盛

平氏にあらずんば、人にあらず。

平 清盛(たいら の きよもり)は、平安時代末期の武将・公卿。 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任せられる。娘の徳子を高倉天皇に入内させ「平氏にあらずんば人にあらず」(『平家物語...

武田信玄

西暦:1521年12月1日 ~ 西暦:1573年5月13日  
日本 (山梨県)    政治家軍人
武田信玄

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎(たろう)。「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。大正期に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武...

武者小路実篤

西暦:1885年5月12日 ~ 西暦:1976年4月9日  
日本 (東京都)    詩人小説家劇作家画家
武者小路実篤

死の恐怖を味わうことは、その人がまだ生きてしなければならない仕事をしていないからだ。

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、日本の小説家・詩人・劇作家・画家。...

井伊直弼

西暦:1815年11月29日 ~ 西暦:1860年3月24日  
日本 (滋賀県)    政治家
井伊直弼

一期一会

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末の譜代大名。近江彦根藩の第15代藩主(16代藩主、13代当主という数え方もある[1])。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された...

山本五十六

西暦:1884年4月4日 ~ 西暦:1943年4月18日  
日本 (新潟県)    軍人
山本五十六

博打をしないような男はろくなものじゃない

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年(明治17年)4月4日 - 1943年(昭和18年)4月18日)は、日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。栄典は正三位大勲位功一級。1943年に前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。旧姓...

和辻哲郎

西暦:1889年3月1日 ~ 西暦:1960年12月26日  
日本 (兵庫県)    哲学者思想家
和辻哲郎

資本主義が進展すると共に 手段としての財力が強くなり 人間のほうが財の手段となり 人間が機械の奴隷にされるという傾向が生じてくる

和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。日本倫理学会会員。...