ホーム > 出身地 > 日本

日本生まれの歴史上の偉人・有名人達

現在62人の偉人が登録されています。  (全7ページ)
人気順に表示しています。

大谷吉継

西暦:1565年 ~ 西暦:1600年10月21日  
日本 (滋賀県)    軍人
大谷吉継

金のみで人は動くにあらず

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である[2]。通称は紀之介、号は白頭。官途は刑部少輔で、大谷刑部(ぎょうぶ)の通称...

大野伴睦

西暦:1890年9月20日 ~ 西暦:1964年5月29日  
日本 (岐阜県)    政治家
大野伴睦

酒は飲む以上わけがわからなくなるまで飲むべきだ

大野 伴睦(おおの ばんぼく、本名:大野 伴睦(おおの ともちか)、1890年(明治23年)9月20日 - 1964年(昭和39年)5月29日)は日本の政治家。...

田中角栄

西暦:1918年5月4日 ~ 西暦:1993年12月16日  
日本 (新潟県)    政治家実業家
田中角栄

高いものは、いつか必ず下がる。人気だって波のようなもので返す波は低くとも、寄せる波は高い

田中 角榮(たなか かくえい、1918年(大正7年)5月4日 - 1993年(平成5年)12月16日)は、日本の政治家、建築士。衆議院議員(16期)、郵政大臣(第12代)、大蔵大臣(第67・68・69代)、通商産業大臣(第33代)、内閣総理大臣(第64・65代)等を歴任した。...

徳川光圀(水戸黄門)

西暦:1628年7月11日 ~ 西暦:1701年1月14日  
日本 (茨城県)    政治家
徳川光圀(水戸黄門)

生くべきときに生き、死すべきときに死す。 死をもって証明するしか方法がないときにはじめて切腹するわけであって、苦しきを逃れるための自殺は、卑怯なだけである。

徳川 光圀(とくがわ みつくに)は、常陸水戸藩の第2代藩主。「水戸黄門」としても知られる。 諡号は「義公」、字は「子龍」、号は「梅里」。また神号は「高譲味道根之命」(たかゆずるうましみちねのみこと)。水戸藩初代藩主・徳川頼房の三男。徳川家康の孫に当たる。儒学を奨励し、彰考館を設けて『大日本史』を編纂...

平清盛

西暦:1118年 ~ 西暦:1181年3月20日  
日本 (三重県)    軍人
平清盛

平氏にあらずんば、人にあらず。

平 清盛(たいら の きよもり)は、平安時代末期の武将・公卿。 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任せられる。娘の徳子を高倉天皇に入内させ「平氏にあらずんば人にあらず」(『平家物語...

土方歳三

西暦:1835年5月5日 ~ 西暦:1869年6月20日  
日本 (東京都)    軍人
土方歳三

あんたは総師だ。生身の人間だと思っては困る。奢らず、乱れず、天下の武士の鑑であってもらいたい。

土方 歳三(ひじかた としぞう)は、幕末期の幕臣、新選組副長。諱は義豊、雅号は豊玉、家紋は左三つ巴。 新選組時代には、局長・近藤勇の補佐役として数々の事件で武名を顕し、また隊内に厳正な規律を実施して鬼の副長と称され、剣豪揃いの隊士たちにも恐れられた。戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を...

源義経

西暦:1159年 ~ 西暦:1189年6月15日  
日本 (京都府)    軍人
源義経

道なくば岩をよじ、山をつらぬいてゆくまでよ。

源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将。鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。仮名は九郎、実名は義經(義経)である。 河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名を牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に平泉へ下り、奥州藤原氏の当...

犬養毅

西暦:1855年6月4日 ~ 西暦:1932年5月15日  
日本 (岡山県)    政治家
犬養毅

話せばわかる。

犬養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。 中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(...

芥川龍之介

西暦:1892年3月1日 ~ 西暦:1927年7月24日  
日本 (東京都)    小説家
芥川龍之介

あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。

芥川 龍之介(1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」...

木戸孝允(桂小五郎)

西暦:1833年8月11日 ~ 西暦:1877年5月26日  
日本 (山口県)    政治家軍人
木戸孝允(桂小五郎)

事をなすのは、その人間の弁舌や才智ではない。 人間の魅力なのだ。

木戸 孝允 / 桂 小五郎(きど たかよし / かつら こごろう、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。 長州藩出身。吉田松陰の教えを受け、藩内の尊王攘夷派(長州正義派)の中心人物となり...