ホーム > 偉人 > マルティン・ルターの名言一覧
マルティン・ルター

マルティン・ルター

出身地: イタリア
職業:宗教家
西暦:1483年11月10日 ~ 西暦:1546年2月18日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
マルティン・ルター(Martin Luther、1483年11月10日 - 1546年2月18日)は、宗教改革の創始者。聖アウグスチノ修道会に属するドイツ人神学教授として、ルターは「人の姿となられた神の言葉としてのイエス・キリストにのみ従う」ことによって、信仰と思想において宗教改革という転換をもたらした。キリスト教会の分裂(シスマ)はルターの本来の意図ではなかったが、彼の影響下で福音主義教会(ルター派教会)とアウクスブルク信仰告白が形成された。

マルティン・ルターの名言を人気順に表示しています。
現在5件の名言が登録されています。  (全1ページ)

全てのことは願うことから始まる。

タグ: 希望

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。

タグ: 人生 見方

私がここに座って、うまいヴィッテンベルクのビールを飲む、するとひとりでに神の国がやってくる。

タグ: 平穏 お酒

いくら知恵があっても、これを使う勇気がなければ何の役にも立たないように、 いくら信仰が厚くても、希望がなければ何の価値もない。 希望はいつまでも人とともにあって、悪と不幸を克服するからである。

タグ: 知恵 勇気 希望

たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。

タグ: 人生 行動