ホーム > 偉人 > 板垣退助の名言一覧
板垣退助

板垣退助

出身地: 日本 (高知県)
職業:政治家軍人
西暦:1837年5月21日 ~ 西暦:1919年7月16日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
板垣 退助(いたがき たいすけ、天保8年4月17日(1837年5月21日) - 大正8年(1919年)7月16日)は、日本の武士(土佐藩士)、政治家。幼名は猪之助。退助は元は通称。諱は初め正躬(まさみ)、のち正形(まさかた)。号は無形(むけい)。栄典は従一位勲一等伯爵。土佐三伯の一人(他に後藤象二郎・佐々木高行)。 自由民権運動の主導者として知られ、「庶民派」の政治家として国民から圧倒的な支持を受けていた。薨去後も民主政治の草分けとして人気が高く、第二次世界大戦後は50銭政府紙幣、日本銀行券B100円券に肖像が用いられた。

板垣退助の名言を人気順に表示しています。
現在1件の名言が登録されています。  (全1ページ)

板垣死すとも自由は死せず

タグ: 自由