ホーム > 偉人 > 木戸孝允(桂小五郎)の名言一覧
木戸孝允(桂小五郎)

木戸孝允(桂小五郎)

出身地: 日本 (山口県)
職業:政治家軍人
西暦:1833年8月11日 ~ 西暦:1877年5月26日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
木戸 孝允 / 桂 小五郎(きど たかよし / かつら こごろう、天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。 長州藩出身。吉田松陰の教えを受け、藩内の尊王攘夷派(長州正義派)の中心人物となり、留学希望・開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者、藩庁政務座の最高責任者として活躍する。特に志士時代には、幕府側から常時命を狙われていたにもかかわらず果敢に京都で活動し続けた。

木戸孝允(桂小五郎)の名言を人気順に表示しています。
現在3件の名言が登録されています。  (全1ページ)

己れの生き方に関わるような大問題を他人に聞くな

タグ: 自己 人生 他人

事をなすのは、その人間の弁舌や才智ではない。 人間の魅力なのだ。

タグ: 成功 言葉 知識 魅力

人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う

タグ: 得意 他人 自己