ホーム > 偉人 > 伊藤博文の名言一覧
伊藤博文

伊藤博文

出身地: 日本 (山口県)
職業:政治家軍人
西暦:1841年10月16日 ~ 西暦:1909年10月26日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により清國から朝鮮を独立させた(第一条)ことが特記できる。元老。 1909年、ハルビンで朝鮮民族主義活動家の安重根に暗殺された。

伊藤博文の名言を人気順に表示しています。
現在5件の名言が登録されています。  (全1ページ)

大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。

タグ: 行動 勇気 遠慮

いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。

タグ: 自己 行動 世界 信念

たとえここで学問をして業が成っても、自分の生国が亡びては何の為になるか。

タグ: 国家 勉強

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。

タグ: 国家 勇気

お前に何でも俺の志を継げよと無理は言はぬ。持って生まれた天分ならば、たとえお前が乞食になったとて、俺は決して悲しまぬ。金持ちになったとて、喜びもせぬ。

タグ: 貧乏