ホーム > 偉人 > フレデリック・フランソワ・ショパンの名言一覧
フレデリック・フランソワ・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン

出身地: ポーランド
職業:作曲家音楽家
西暦:1810年3月1日 ~ 西暦:1849年10月17日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
フレデリック・フランソワ・ショパン(1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人[注 3]とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

フレデリック・フランソワ・ショパンの名言を人気順に表示しています。
現在3件の名言が登録されています。  (全1ページ)

自分の耳が許す音だけが音楽である。

タグ: 妥協 自己 芸術

常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから。

タグ: 見方 常識 思考

彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、私はただ一人の人に聴かせるために弾く。

タグ: 芸術