ホーム > 偉人 > 渋沢栄一の名言一覧
渋沢栄一

渋沢栄一

出身地: 日本 (埼玉県)
職業:実業家軍人官僚
西暦:1840年3月16日 ~ 西暦:1931年11月11日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。理化学研究所の創設者でもある。

渋沢栄一の名言を人気順に表示しています。
現在30件の名言が登録されています。  (全3ページ)

不言実行と共に、また有言実行も大いによろしい。

タグ: 言葉 実行

論語とソロバンというかけ離れたものを一つにするという事が最も重要なのだ。

タグ: 商売

真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない。

タグ:

もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である

タグ: 成功 衰退

できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。

タグ: 幸福 義務

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

タグ: 国家 仕事 楽しみ

真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのがよい

タグ: 模倣

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。 私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

タグ: リーダー 家族 知識

長所を発揮するように努力すれば、短所は自然に消滅する。

タグ: 得意 努力