ホーム > 偉人 > 中江兆民の名言一覧
中江兆民

中江兆民

出身地: 日本 (高知県)
職業:政治家ジャーナリスト思想家
西暦:1847年12月8日 ~ 西暦:1901年12月13日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。また、他の号に青陵、木強生がある。名は篤介(とくすけ、篤助)。幼名は竹馬。

中江兆民の名言を人気順に表示しています。
現在1件の名言が登録されています。  (全1ページ)

剣をふるって風を斬れば、剣がいかに鋭くても、ふうわりとした風はどうにもならない。私たちは風になろうではありませんか。

タグ: 比喩 自然 処世術