ホーム > 偉人 > ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言一覧
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

出身地: オーストリア
職業:哲学者
西暦:1889年4月26日 ~ 西暦:1951年4月29日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアのウィーンに生まれ主にイギリスのケンブリッジ大学で活躍した哲学者である。著作活動は母語のドイツ語で行った。後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言を人気順に表示しています。
現在4件の名言が登録されています。  (全1ページ)

思考しえぬことを我々は思考することはできない。それゆえ、思考しえぬことを我々は語ることもできない。

タグ: 思考

お前の哲学の目的は何か?それはハエにハエ取り器から脱出する出口を示してやることだ。

タグ: 哲学 比喩 動物

歴史が私にどんな関係があろう。私の世界こそが、最初にして唯一の世界なのだ。

タグ: 世界 歴史