ホーム > 偉人 > ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの名言一覧
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

出身地: ドイツ
職業:哲学者思想家
西暦:1770年8月27日 ~ 西暦:1831年11月14日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。観念論哲学及び弁証法的論理学における業績のほか、近代国家の理論的基礎付けなど政治哲学における業績も有名である。認識論、自然哲学、歴史哲学、美学、宗教哲学、哲学史研究に至るまで、哲学のあらゆる分野を網羅的に論じた。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの名言を人気順に表示しています。
現在7件の名言が登録されています。  (全1ページ)

天才を知る者は天才である

タグ: 天才

人間は、教養形成によってはじめて、人間としてかくあるべきものになる。

Der Mensch ist, was er als Mensch sein soll, erst durch Bildung.
タグ: 人間 教育

一般によく熟知されているものは、熟知されているからといって、認識されている訳ではない

タグ: 知識

世界の中で、いやしくも偉大なことは何事も、情熱無くしては何も遂げられなかった

タグ: 成功 情熱

世界歴史は自由意識の進歩である。

タグ: 歴史 世界 自由

ミネルヴァの梟は黄昏とともにようやく飛び始める

タグ: 動物

幸福で安全だった時代は歴史のうえでは白紙になる

タグ: 歴史 幸福 皮肉