ホーム > 偉人 > 長宗我部 元親の名言一覧
長宗我部 元親

長宗我部 元親

出身地: 日本 (高知県)
職業:政治家軍人
西暦:1539年 ~ 西暦:1599年7月11日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
長宗我部 元親(ちょうそかべ もとちか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての土佐国の戦国大名。長宗我部氏第21代当主。位階は従五位下で死後に正五位[3]、昭和3年(1928年)には正三位が贈られた。 長宗我部国親の長男で、母は美濃斎藤氏の娘。正室は石谷光政の娘で斎藤利三の異父妹。 土佐国の守護職を兼ねる細川京兆家当主で管領の細川晴元より、京兆家の通字である「元」の一字を受けたため、かつて同じく細川氏より「元」の字を受けた15代当主(長宗我部元親 (南北朝時代))と同名を名乗ることとなった。 土佐の国人から戦国大名に成長し、阿波・讃岐の三好氏、伊予の西園寺氏・河野氏らと戦い四国の覇者となる。しかし、その後織田信長の手が差し迫り、信長の後継となった豊臣秀吉に敗れ土佐一国に減知となった。豊臣政権時戸次川の戦いで最愛の息子・信親を亡くすと性格は荒れ、家中を混乱させたままこの世を去った。

長宗我部 元親の名言を人気順に表示しています。
現在3件の名言が登録されています。  (全1ページ)

降伏した後でも天下への気概を忘れない。

タグ: 敗北 世界

悪い時代に生まれ来て、天下の主になり損じ候

タグ: チャンス 世界

一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず

タグ: 成功 努力