ホーム > 偉人 > 蒲生氏郷の名言一覧
蒲生氏郷

蒲生氏郷

出身地: 日本 (滋賀県)
職業:政治家軍人
西暦:1556年 ~ 西暦:1595年3月17日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
蒲生 氏郷(がもう うじさと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初め近江日野城主、次に伊勢松阪城主、最後に陸奥黒川城主。 蒲生賢秀の三男(嫡男)。初名は賦秀(やすひで)または教秀(のりひで)。キリシタン大名であり、洗礼名はレオン(又はレオ)。子に蒲生秀行。

蒲生氏郷の名言を人気順に表示しています。
現在2件の名言が登録されています。  (全1ページ)

春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。

タグ: リーダー 家族

侍たる者の心が小さくては、焼いても食えないものである。

タグ: 精神