ホーム > 偉人 > フョードル・ドストエフスキーの名言一覧
フョードル・ドストエフスキー

フョードル・ドストエフスキー

出身地: ロシア
職業:小説家作家思想家
西暦:1821年11月11日 ~ 西暦:1881年2月9日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。

フョードル・ドストエフスキーの名言を人気順に表示しています。
現在32件の名言が登録されています。  (全4ページ)

金を持っている人間は、貧乏人がそのはかない運命を訴えることを聞くのが大嫌いである

タグ: お金 貧乏

人間の後半生は、通常前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ

タグ: 人生

人は笑い方でわかる。知らない人に初めて会って、その笑顔が気持ちよかったら、それはいい人間と思ってさしつかえない

タグ: 処世術

人類の最も偉大な思考は、意志をパンに変えるということである。

タグ: 思考 食事

人間というものは、不幸の方だけを並べ立てて幸福の方は数えようとしないものだ。

タグ: 不幸 幸福

幸福は幸福の中にあるのではなく、それを手に入れる過程の中だけにある。

タグ: 幸福

謙虚な愛は、暴虐よりずっと効果の多い怖ろしい力である。

タグ: 暴力

金が何よりも卑しく、しかも厭わしいのは、それが人間に才能まで与えるからである。

タグ: お金 才能

夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守の時だけである。

タグ: 結婚 皮肉

人間として最大の美徳は、上手に金をかき集めることである。つまり、どんなことがあっても他人の厄介になるなということだ

タグ: お金 道徳