ホーム > 偉人 > 明智光秀の名言一覧
明智光秀

明智光秀

出身地: 日本 (岐阜県)
職業:政治家軍人
西暦:1528年 ~ 西暦:1582年7月2日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 戦国大名・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、本能寺の変を起こし信長を暗殺。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れ、落ちていく途中、一説では小栗栖で落ち武者狩りの百姓から致命傷を受け、自害した。これは光秀が信長を討って天下人になってからわずか13日後のことであり、その短い治世は「三日天下」とも言う。

明智光秀の名言を人気順に表示しています。
現在3件の名言が登録されています。  (全1ページ)

仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。これをみれば、土地百姓は可愛いことなり。

タグ: 庶民

身をも惜まじ 名をも惜まじ

タグ: 名誉