ホーム > 偉人 > コペルニクスの名言一覧
コペルニクス

コペルニクス

出身地: ポーランド
職業:天文学者
西暦:1473年2月19日 ~ 西暦:1543年5月24日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク Mikołaj Kopernik、1473年2月19日 - 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な再発見とされる。太陽中心説をはじめて唱えたのは紀元前三世紀のサモスのアリスタルコスである。 コペルニクスはまた、教会では司教座聖堂参事会員(カノン)であり、知事、長官、法学者、占星術師であり、医者でもあった。暫定的に領主司祭を務めたこともある。

コペルニクスの名言を人気順に表示しています。
現在3件の名言が登録されています。  (全1ページ)

学者の仕事は、 神に許される範囲で真理を探究することだ。

タグ: 勉強

思弁ばかりが十分で、理性が不十分であってはならない。

タグ: 思考 言葉

地球の可動性を禁じるものは、何も無い。

タグ: 世界 勇気 信念