ホーム > 偉人 > 源頼朝の名言一覧
源頼朝

源頼朝

出身地: 日本 (愛知県)
職業:政治家軍人
西暦:1147年5月9日 ~ 西暦:1199年2月9日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
源 頼朝(みなもと の よりとも)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である。 河内源氏の源義朝の三男として生まれ、父・義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ流される。伊豆で以仁王の令旨を受けると、北条時政、北条義時などの坂東武士らと平氏打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠として関東を制圧する。弟たちを代官として源義仲や平氏を倒し、戦功のあった末弟・源義経を追放の後、諸国に守護と地頭を配して力を強め、奥州合戦で奥州藤原氏を滅ぼして全国を平定した。建久3年(1192年)に征夷大将軍に任じられた。

源頼朝の名言を人気順に表示しています。
現在2件の名言が登録されています。  (全1ページ)

大事を思ひはからふ者、 物とがめをせず、事ならぬことを事になさず。

タグ: 偉業 成功

一人当千という事、一人して千人にはいかでか向うべき。なれども、はかりごとをよくし、居ながら多勢を滅ぼすを名付けたるなり

タグ: 戦略