ホーム > 偉人 > ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名言一覧
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

出身地: ドイツ
職業:作曲家
西暦:1685年3月21日 ~ 西暦:1750年7月28日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。 バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された[1]。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの名言を人気順に表示しています。
現在4件の名言が登録されています。  (全1ページ)

音楽の究極的な目的は、神の栄光と魂の浄化に他ならない

タグ: 音楽 精神

音楽だけが世界語であり、翻訳される必要がない。 そこにおいては魂が魂に働きかける。

タグ: 音楽 世界 精神 言葉

風は見えなくても風車は回っている。 音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。

タグ: 音楽 自然

音楽は精神の中から、日常の生活の塵埃を除去する。

タグ: 音楽