ホーム > 偉人 > 竹中半兵衛の名言一覧
竹中半兵衛

竹中半兵衛

出身地: 日本 (岐阜県)
職業:軍人
西暦:1544年9月27日 ~ 西暦:1579年7月6日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
竹中 重治(たけなか しげはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初名は重虎、のちに重治。通称は半兵衛(はんべえ)。父は竹中重元、弟に重矩。子に重門。従弟に竹中重利(府内藩初代藩主)。 戦国時代を代表する軍師[注 1]としても知られ、織田氏の家臣である羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された。しかし、軍功に関する逸話や美談の多くは後世の創作によるものと見られ、史実上の実像が不明瞭な人物である。

竹中半兵衛の名言を人気順に表示しています。
現在2件の名言が登録されています。  (全1ページ)

馬に限ったことではない。武士は名こそ惜しけれ、義のためには命も惜しむべきはない。財宝など塵あくたとも思わぬ覚悟が常にあるべきである。

タグ: 名誉

要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。

タグ: 協力 戦争