ホーム > 偉人 > 加藤清正の名言一覧
加藤清正

加藤清正

出身地: 日本 (愛知県)
職業:軍人
西暦:1562年7月25日 ~ 西暦:1611年8月2日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。肥後熊本藩初代藩主。別名虎之助(とらのすけ) 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。明治43年(1910年)に従三位を追贈されている。

加藤清正の名言を人気順に表示しています。
現在4件の名言が登録されています。  (全1ページ)

およそ下の者は上の者を学ぶ。大将がくつろげば、下は大いに怠けるものなので、いつも陣法を厳しくすることだ。上に立つ一人の心が下万民に通ずるとは、このことである。

タグ: リーダー 部下

屍を戦場にさらすとも褥の上にて死なんとは思い設けず

タグ: 戦争

武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。

タグ: 謙虚

真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である。

タグ: 責任