ホーム > 偉人 > 真田幸村の名言一覧
真田幸村

真田幸村

出身地: 日本 (長野県)
職業:軍人
西暦:1570年3月8日 ~ 西暦:1615年6月3日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。真田昌幸の次男。「真田幸村(さなだ ゆきむら)」の名で広く知られている。 江戸時代初期の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、特に大坂夏の陣では、3500の兵を持って徳川家康の本陣まで攻め込んだ。 後世に江戸幕府・諸大名家の各史料にその勇将振りが記録され、それらを基に軍記物や講談や小説などが創作されて、真田十勇士を従えて宿敵・徳川家康に果敢に挑む英雄的武将として語られるようになり、庶民にも広く知られる存在となった。

真田幸村の名言を人気順に表示しています。
現在4件の名言が登録されています。  (全1ページ)

この信繁、十万石では不忠者にならぬが一国では不忠者になるとお思いか

タグ: 道徳

人の死すべき時至らば、潔く身を失いてこそ勇士の本意なるべし

タグ: 勇気

いざとなれば損得を度外視できるその性根、世のなかに、それを持つ人間ほど怖い相手はない

タグ: 恐怖