ホーム > 偉人 > 上杉謙信の名言一覧
上杉謙信

上杉謙信

出身地: 日本 (新潟県)
職業:軍人
西暦:1530年2月18日 ~ 西暦:1578年4月19日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、軍神と称される。 上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長尾 景虎(ながお かげとら)でもよく知られている。兄である晴景の養子となって長尾氏の家督を継いだ。のちに関東管領上杉憲政から山内上杉氏の家督を譲られるとともに「政」の1字を与えられて上杉 政虎(うえすぎ まさとら)と改名し、それまで上杉氏が世襲していた室町幕府の重職関東管領をも引き継いだ。後に室町幕府の将軍・足利義輝より偏諱(「輝」の1字)を受けて、最終的には上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)と名乗った。謙信は、さらに後に称した法号である。

上杉謙信の名言を人気順に表示しています。
現在4件の名言が登録されています。  (全1ページ)

死なんと戦えば生き 生きんと戦えば必ず死するものなり

タグ: 戦争

我れ公と争ふところは弓箭ゆみやにあり米櫃かてにはあらず。

タグ: 戦争

昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。

タグ: リーダー 部下

人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。

タグ: 戦争