ホーム > 偉人 > 武田信玄の名言一覧
武田信玄

武田信玄

出身地: 日本 (山梨県)
職業:政治家軍人
西暦:1521年12月1日 ~ 西暦:1573年5月13日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
武田 信玄(たけだ しんげん) / 武田 晴信(たけだ はるのぶ)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎(たろう)。「信玄」とは(出家後の)法名で、正式には徳栄軒信玄。大正期に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。先代・信虎期に武田氏は戦国大名化し国内統一を達成し、信玄も体制を継承して隣国・信濃に侵攻する。その過程で越後国の上杉謙信(長尾景虎)と五次にわたると言われる川中島の戦いで抗争しつつ信濃をほぼ領国化し、甲斐本国に加え信濃、駿河、西上野、遠江、三河と美濃の一部を領し、次代の勝頼期にかけて領国を拡大したものの、西上作戦の途上に三河で病を発し、信濃で病没した。

武田信玄の名言を人気順に表示しています。
現在14件の名言が登録されています。  (全2ページ)

武将が陥りやすい三大失観。 一、分別あるものを悪人と見ること 一、遠慮あるものを臆病と見ること 一、軽躁なるものを勇剛と見ること

タグ: リーダー 臆病 勇気

負けまじき軍に負け、亡ぶまじき家の亡ぶるを、人みな天命と言う。 それがしに於いては天命とは思はず、みな仕様の悪しきが故と思うなり。

タグ: 戦い 運命 行動 計画

渋柿は渋柿として使え。 継木をして甘くすることなど小細工である。

タグ: 戦略 食事 比喩 部下

為せば成る為さねば成らぬ成る業を成らぬと捨つる人のはかなき

タグ: 諦め 行動 成功

人は城、 人は石垣、 人は堀、 情けは味方、 仇は敵なり。

タグ: 情け 組織

したいことをするな。嫌なことをしろ。

タグ: 行動

信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ。

タグ: リーダー 部下 信頼

自分のしたいことより、嫌なことを先にせよ。 この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり、身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。

タグ: 行動 成功

一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。 これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。

タグ: 勉強

大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。

タグ: リーダー 慈悲