ホーム > 偉人 > 豊臣秀吉の名言一覧
豊臣秀吉

豊臣秀吉

出身地: 日本 (愛知県)
職業:政治家軍人
西暦:1537年3月17日 ~ 西暦:1598年9月18日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
豊臣秀吉(とよとみ ひでよし、とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名、天下人、関白、太閤。三英傑の一人[1][2]。 初め木下氏を名字とし、羽柴氏に改める。本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改めた。

豊臣秀吉の名言を人気順に表示しています。
現在7件の名言が登録されています。  (全1ページ)

負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。 逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

タグ: 戦争 成功

露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢。

タグ: 最期

金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ

タグ: お金 部下 比喩

主人は無理を言うものと知れ。

タグ: リーダー

家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ

タグ: 愚者

戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。

タグ: 勝利 戦い

障子を開けてみよ。外は広いぞ

タグ: 世界