ホーム > 偉人 > セーレン・キェルケゴール(キルケゴール)の名言一覧
セーレン・キェルケゴール(キルケゴール)

セーレン・キェルケゴール(キルケゴール)

出身地: デンマーク
職業:哲学者
西暦:1813年5月5日 ~ 西暦:1855年11月11日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
セーレン・オービエ・キェルケゴール(デンマーク語: Søren Aabye Kierkegaard デンマーク語発音: [ˈsɶːɐn o:'by ˈkiɐ̯ɡəɡɒːˀ] )は1813年5月5日 - 1855年11月11日)は、デンマークの哲学者、思想家[1]。今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。

セーレン・キェルケゴール(キルケゴール)の名言を人気順に表示しています。
現在10件の名言が登録されています。  (全1ページ)

女というのは泣かせてやらなければならない。 泣きぬくと、泣くべきものがなくなって、あとはすぐに忘れてしまうものなのだ。

タグ:

人生は解のある問題ではなく、経験の積み続く現実です。

タグ: 人生

お世辞というものは、女の身にぴったりと当てはまる衣装である。

タグ: 比喩 衣装

あなたが愛された分だけ愛することができなかったのは、あなたにとって至福な事ではありませんか?

タグ: 幸福

皮肉には主観としての素質がある。

タグ: 皮肉

絶望とは死にいたる病である。自己の内なるこの病は、永遠に死ぬことであり、死ぬべくして死ねないことである。それは死を死ぬことである。

タグ: 病気

青年は希望の幻影を持ち、老人は想起の幻影を持っている。

タグ: 若さ 老い

人々が言論の自由を要求するのは、受け容れがたい事実から目を背ける自由を得たいが為なのです。

People demand freedom of speech to make up for the freedom of thought which they avoid.
タグ: 言葉 自由

女性は実体で、男性は反省である。

タグ:

思弁が終わる。まさにそのときに信仰が始まる。

タグ: 思考 言葉 宗教