ホーム > 偉人 > ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言一覧
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

出身地: ドイツ
職業:詩人小説家劇作家政治家法律家科学者
西暦:1749年8月28日 ~ 西暦:1832年3月22日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe[1]、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言を人気順に表示しています。
現在35件の名言が登録されています。  (全4ページ)

若いうちの誤りは、きわめて結構だ。ただ、それを年をとるまで引きずってはならない。

タグ: 若さ 老い 失敗

どの内閣でも新聞紙上に発表する意見はいっこう面白くない。政治の力は実行することであって、演説する事ではないからである。

タグ: 政治 新聞

美は芸術の究極の原理であり、最高の目的である。

タグ: 芸術

虹だって15分続いたら人はもう見むかない。

タグ: 比喩 自然 真実

外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない

タグ: 世界 言葉

なるほど、俺は多くを知っている。だが俺はすべてを知りたいのだ。

タグ: 知識 欲望

繁栄し続ける以上に難しいことがこの世にあるだろうか。

タグ: 困難 成功

自分の行いについて、無知であることほど恐ろしいことはない。

タグ: 知識 行動 恐怖

空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば気を落とすことはない。

タグ: 自然 友人

凡庸な大衆にもてはやされたいなら、そのうぬぼれ心と怯懦な気持に媚びるようなことを言いさえすればよい。

タグ: 大衆 処世術