ホーム > 偉人 > ミシェル・エケム・ド・モンテーニュの名言一覧
ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ

ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ

出身地: フランス
職業:哲学者
西暦:1533年2月2日 ~ 西暦:1592年9月13日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne [miʃɛl ekɛm də mɔ̃tɛɲ], 1533年2月28日 - 1592年9月13日)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者。モラリスト、懐疑論者、人文主義者。現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。

ミシェル・エケム・ド・モンテーニュの名言を人気順に表示しています。
現在35件の名言が登録されています。  (全4ページ)

老いは、私達の顔よりも心に多くのシワを刻む。

Age imprints more wrinkles in the mind than it does on the face.
タグ: 老い

世界で一番高い玉座に上っても、やはり自分の尻の上に座っていることに変わりはない。

タグ: 人生 目から鱗

愚者が賢者から学ぶことよりも、賢者が愚者から学ぶことのほうが多い。

タグ: 賢者 愚者

わずか一言でも下手に受け取られると、十年の功績も忘れられてしまう。

タグ: 失敗

心にもない言葉よりも沈黙のほうが、むしろずっと社交性を損なわない。

タグ: 言葉 処世術 沈黙