ホーム > 偉人 > ナポレオン・ボナパルトの名言一覧
ナポレオン・ボナパルト

ナポレオン・ボナパルト

出身地: フランス
職業:政治家軍人
西暦:1769年8月15日 ~ 西暦:1821年5月5日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。また、戦勝と婚姻政策によって、イギリスとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。

ナポレオン・ボナパルトの名言を人気順に表示しています。
現在35件の名言が登録されています。  (全4ページ)

私はつねに、ニ年先のことを考えて生きている。

タグ: 人生

敵が間違いを犯している時は、邪魔するな。

タグ: 戦略

最も大きな危険は勝利の瞬間にある。

タグ: 戦略

兵士諸君、ピラミッドの頂から、四千年の歴史が諸君を見つめている。

タグ: 歴史

死ぬことは何でもない。 しかし征服されて、名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ。

タグ: 名誉 自由

最悪の策とは、ほとんど常にもっとも臆病な策である。

タグ: 実践

結婚して幸福になるには、汗の苦労を絶えず分かち合わねばならない。

タグ: 結婚

世界には二つの力しかない。 剣と精神の力である。 そして最後は、精神が必ず剣に打ち勝つ。

タグ: 精神

一頭の狼に率いられた百頭の羊の群れは、 一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れにまさる。

タグ: 戦争