ホーム > 偉人 > アナトール・フランスの名言一覧
アナトール・フランス

アナトール・フランス

出身地: フランス
職業:詩人小説家
西暦:1844年4月16日 ~ 西暦:1924年10月12日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
アナトール・フランス(フランス語: Anatole France, 1844年4月16日 - 1924年10月12日)は、フランスの詩人・小説家・批評家。本名はジャック・アナトール・フランソワ・ティボー(フランス語: Jacques Anatole François Thibault)。パリ出身。アカデミー・フランセーズの会員を務め、ノーベル文学賞を受賞した。代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』『舞姫タイス』『赤い百合』『エピクロスの園』『神々は渇く』など。芥川龍之介が傾倒し、石川淳が訳していたことで有名である。 --Wikipediaより

アナトール・フランスの名言を人気順に表示しています。
現在39件の名言が登録されています。  (全4ページ)

苦悩の美徳を教える僧侶に耳を傾けるのをやめようではないか。なぜなら快楽こそ善だからである。

タグ: 宗教

正義とは、社会によって認められた不正の是認にほかならない。

タグ: 社会

嘘というものがなければ、人間は絶望と退屈で死んでしまうであろう。

タグ: 人生

真に偉大な人びとに共通するいちばんの美徳、それは…彼らが誠実であること。彼らは自分の心から偽善を根絶している。

タグ: 道徳

キリスト教は、恋愛を罪悪視することで、恋愛のために大きく貢献した。

タグ: 宗教

嘘を少しも含まない歴史書は、すこぶる退屈である。

タグ: 歴史 皮肉

あなたが滅ぼす悪癖の一つ一つには,それと表裏一体に美点がはり付いていて,それも一緒に消滅してしまう。

タグ: 皮肉

驚くべき事は宇宙の広大さではなく、人間がその大きさを測ったことだ

タグ: 偉業

賢く考えていながら、愚かに行動してしまうのが、人間の性だ。

タグ: 人間

男にとってウソがどれほど必要なもので、しかも手助けとなるものか、女と医者だけが知っている。

タグ: