ホーム > 偉人 > アナトール・フランスの名言一覧
アナトール・フランス

アナトール・フランス

出身地: フランス
職業:詩人小説家
西暦:1844年4月16日 ~ 西暦:1924年10月12日  
         >>近い年代に生まれた偉人を探す
アナトール・フランス(フランス語: Anatole France, 1844年4月16日 - 1924年10月12日)は、フランスの詩人・小説家・批評家。本名はジャック・アナトール・フランソワ・ティボー(フランス語: Jacques Anatole François Thibault)。パリ出身。アカデミー・フランセーズの会員を務め、ノーベル文学賞を受賞した。代表作は『シルヴェストル・ボナールの罪』『舞姫タイス』『赤い百合』『エピクロスの園』『神々は渇く』など。芥川龍之介が傾倒し、石川淳が訳していたことで有名である。 --Wikipediaより

アナトール・フランスの名言を人気順に表示しています。
現在39件の名言が登録されています。  (全4ページ)

男にあっては一つの弱さである嫉妬も、女にあっては一つの力であり、女を駆って数々の企みへと走らせるものだ。

タグ:

新しい世界に生きようと思ったら、前の世界のことを死滅させなければならない。

タグ: 人生

人生の真実は、美味で、恐ろしく、魅力的で、奇怪、甘くて、苦い。 そしてそれがすべてである。

タグ: 人生

暴力にかかわることにはまったく参加せず、あらゆる迫害に苦しむことを覚悟すれば戦争はなくなるであろう。それが戦争をなくす唯一の方法である。

タグ: 戦争

ものを集めることもいいが、歩くことはもっといい。

タグ: 皮肉 健康

例え五千万の人が馬鹿なことを言おうと、それはやはり馬鹿なことだ。

タグ: 皮肉 真実

誰しも老いるのは嫌だが、それは長生きをするための唯一の道なのだ。

タグ: 人生 老い

恋は単純で原始的な行為である。それは闘争である。 それは憎しみである。恋には暴力が必要である。 相互の同意による恋愛は退屈な労役にすぎない。

タグ:

あらゆる性的異常のうちで、純潔こそいちばん奇異である

タグ: 皮肉 目から鱗

真のやきもち焼きの男には、すべてが嫉妬を起こさせ、すべてが不安の種である。そうした男にとっては、女は生きていて、呼吸しているというだけの理由で、すでに男を裏切るものなのである。

タグ: