登録されている偉人を人気順に表示しています。
現在174人の偉人が登録されています。  (全18ページ)

ナポレオン・ボナパルト

西暦:1769年8月15日 ~ 西暦:1821年5月5日  
フランス    政治家軍人
ナポレオン・ボナパルト

死ぬよりも苦しむほうが勇気を必要とする。

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも...
ジョージ・バーナード・ショー

若いうちはすべてが許され、何も許そうとしない。歳を経るとすべてを許すようになり、何も許されなくなる。

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 - 1950年11月2日)はアイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。 ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカなど英語圏の国々で多様な功績を残した才人と...

アドルフ・ヒトラー

西暦:1889年4月20日 ~ 西暦:1945年4月30日  
オーストラリア    政治家軍人
アドルフ・ヒトラー

人をよりよくするのではなくそれらの弱点を利用するために、私はこの世界に入った

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家である。ヒットラーとも表記される。指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。...

蒲生氏郷

西暦:1556年 ~ 西暦:1595年3月17日  
日本 (滋賀県)    政治家軍人
蒲生氏郷

侍たる者の心が小さくては、焼いても食えないものである。

蒲生 氏郷(がもう うじさと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初め近江日野城主、次に伊勢松阪城主、最後に陸奥黒川城主。 蒲生賢秀の三男(嫡男)。初名は賦秀(やすひで)または教秀(のりひで)。キリシタン大名であり、洗礼名はレオン(又はレオ)。子に蒲生秀行。...

トーマス・エジソン

西暦:1847年2月11日 ~ 西暦:1931年10月18日  
アメリカ    実業家発明家
トーマス・エジソン

一日8時間労働制に感じた危機感は、労働時間の不足などではない。 働くということが、ただの決まりきった作業になってしまうということだ。

トーマス・アルバ・エジソン(英語: Thomas Alva Edison, 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。 日本では長らく「エジソン」という表記が定着していたが、近年は "di"(英語発音: [də])を意識して「エディソン」「エディスン」と...

ノストラダムス

西暦:1503年12月14日 ~ 西暦:1566年7月2日  
フランス    詩人作家医者占い師
ノストラダムス

1999年、七の月 恐怖の大王が天より降り立つ アンゴルモアの大王を蘇らせ その前後は幸運に助けられて火星が君臨する

ミシェル・ノストラダムス(Michal Nostradamus、1503年12月14日 - 1566年7月2日)は、ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。また料理研究の著作も著している。日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出...

マーク・トウェイン

西暦:1835年11月30日 ~ 西暦:1910年4月21日  
アメリカ    小説家作家
マーク・トウェイン

我々は虹を見ても、未開人が抱くような敬虔な気持ちを持つことがない。 なぜならば、虹がどうしてできるのかを知っているからだ。 我々はそうしたものを詮索することによって獲得したのと、同じだけのものを失っている。

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッ...

大江匡房

西暦:1041年 ~ 西暦:1111年12月7日  
日本    詩人
大江匡房

好漢 惜しむらくは軍学を知らず

大江 匡房(おおえ の まさふさ)は、平安時代後期の公卿、儒学者、歌人。大学頭・大江成衡の子。官位は正二位・権中納言。江帥ごうのそつと号す。藤原伊房・藤原為房とともに白河朝の「三房」と称された。小倉百人一首では前中納言匡房。...

桓寛

不詳 ~ 不詳  
中国    政治家作家
桓寛

言うは易し行なうは難し

前漢の文人、『塩鉄論』の著者。汝南郡(河南省上蔡の西)の人。字は次公。『春秋公羊伝』の研究などで知られて宣帝のとき郎に挙げられ、前81年(昭帝の時)に行なった塩・鉄などの専売政策存続是非をめぐる儒者と官僚の討論会の記録を、対話形式の『塩鉄論』に整理した。...

加藤清正

西暦:1562年7月25日 ~ 西暦:1611年8月2日  
日本 (愛知県)    軍人
加藤清正

およそ下の者は上の者を学ぶ。大将がくつろげば、下は大いに怠けるものなので、いつも陣法を厳しくすることだ。上に立つ一人の心が下万民に通ずるとは、このことである。

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。肥後熊本藩初代藩主。別名虎之助(とらのすけ) 豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一...