ホーム > 時代 > 平安時代生まれの偉人・有名人

平安時代生まれの歴史上の偉人・有名人達

誰もが知っている有名なフレーズの一つと思われる「なくよ(794) うぐいす 平安京」で有名な平安時代。内乱が発生し、平氏・源氏が争ったこの時代。果たしてどんな偉人たちがいたのでしょうか。 (西暦: 794年~1184年)

8人の偉人・有名人が登録されています。  (全1ページ)
平安時代生まれの歴史上の偉人・有名人人達

北条政子

西暦:1157年 ~ 西暦:1225年8月16日  
日本    政治家
北条政子

皆心を一にして奉るべし。これ最期の詞なり。 故右大将軍(頼朝)朝敵を征罰し、関東を草創してより以降、官位と云ひ俸禄と云ひ、   其の恩既に山岳よりも高く、溟渤よりも深し。

北条 政子(ほうじょう まさこ、保元2年(1157年) - 嘉禄元年7月11日(1225年8月16日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性。鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。伊豆国の豪族、北条時政の長女。子は頼家、実朝、大姫、三幡。兄弟姉妹には宗時、義時、時房、阿波局、時子など。 伊豆の流人だった...

法然

西暦:1133年 ~ 西暦:1212年  
日本 (岡山県)    宗教家
法然

一丈の堀を越えんと思わん人は、一丈五尺を越えんと励むべきなり。

法然(ほうねん、長承2年(1133年) - 建暦2年(1212年))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄...

源頼朝

西暦:1147年5月9日 ~ 西暦:1199年2月9日  
日本 (愛知県)    政治家軍人
源頼朝

一人当千という事、一人して千人にはいかでか向うべき。なれども、はかりごとをよくし、居ながら多勢を滅ぼすを名付けたるなり

源 頼朝(みなもと の よりとも)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である。 河内源氏の源義朝の三男として生まれ、父・義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ流される。伊豆で以仁王の令旨を受けると、北条時政、北条義時などの坂東武士らと平氏打倒の兵を挙げ、鎌倉を本...

大江匡房

西暦:1041年 ~ 西暦:1111年12月7日  
日本    詩人
大江匡房

好漢 惜しむらくは軍学を知らず

大江 匡房(おおえ の まさふさ)は、平安時代後期の公卿、儒学者、歌人。大学頭・大江成衡の子。官位は正二位・権中納言。江帥ごうのそつと号す。藤原伊房・藤原為房とともに白河朝の「三房」と称された。小倉百人一首では前中納言匡房。...

源義経

西暦:1159年 ~ 西暦:1189年6月15日  
日本 (京都府)    軍人
源義経

人よりも百倍臆病であるとすれば、 百倍勇気をふるい立たせればいいではないか。

源 義経(みなもと の よしつね、源義經)は、平安時代末期の武将。鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。仮名は九郎、実名は義經(義経)である。 河内源氏の源義朝の九男として生まれ、幼名を牛若丸(うしわかまる)と呼ばれた。平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられるが、後に平泉へ下り、奥州藤原氏の当...

親鸞

西暦:1173年5月21日 ~ 西暦:1263年1月16日  
日本 (京都府)    宗教家
親鸞

非人を差別する者こそ、真の意味での非人である

親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日 )は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の僧。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に渡り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え[1]」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かっ...

藤原道長

西暦:966年 ~ 西暦:1028年1月3日  
日本 (京都府)    政治家
藤原道長

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

藤原 道長(ふじわら の みちなが)は平安時代中期の公卿。後一条天皇・後朱雀天皇・後冷泉天皇の外祖父にあたる。 父の兼家が摂政になり権力を握ると栄達するが、五男であり道隆、道兼という有力な兄がいたためさほど目立たない存在だった。しかし兼家の死後に摂関となった道隆が大酒、道兼が伝染病により相次いで病...

平清盛

西暦:1118年 ~ 西暦:1181年3月20日  
日本 (三重県)    軍人
平清盛

平氏にあらずんば、人にあらず。

平 清盛(たいら の きよもり)は、平安時代末期の武将・公卿。 伊勢平氏の棟梁・平忠盛の長男として生まれ、平氏棟梁となる。保元の乱で後白河天皇の信頼を得て、平治の乱で最終的な勝利者となり、武士としては初めて太政大臣に任せられる。娘の徳子を高倉天皇に入内させ「平氏にあらずんば人にあらず」(『平家物語...