ホーム > 時代 > 古墳時代生まれの偉人・有名人

古墳時代生まれの歴史上の偉人・有名人達

昔の鍵穴型の前方後円墳、方墳・円墳などで有名な古墳時代。管理人も電車で1時間ほどのところに古墳があるため、見に行ったことがありますが、小山か丘としか見えませんでした。あれが昔の王様のお墓と気づいた方はすごいと思います。さて、そんな古墳が作られていた時代に生まれた偉人は誰でしょう?(時代は4世紀~6世紀までを古墳時代としています。)

2人の偉人・有名人が登録されています。  (全1ページ)
古墳時代生まれの歴史上の偉人・有名人人達
ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ

女というものは、お前達の耕作地だ。だからお前達の思うままに手をつけるがよい

ムハンマド(570年頃 - 632年6月8日)は、イスラーム教の開祖、軍事指導者、政治家。アラビア半島中西部、ヒジャーズ地方の中心都市メッカの支配部族であるクライシュ族出身で、その名門ハーシム家のひとり。イスラーム教では、モーセ(ムーサー)、イエス(イーサー)その他に続く、最後にして最高の預言者(ナ...

聖徳太子

西暦:574年2月7日 ~ 西暦:622年4月8日  
日本 (奈良県)    政治家
聖徳太子

和を以て貴しとなす(以和爲貴)

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代の皇族、政治家。厩戸皇子または厩戸王の後世の呼称。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。 推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張の...